日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

2020/03/13 新聞 日刊木材新聞(東京) 

「専門性と網羅性」でベストマッチング

当社 代表取締役社長 三宅卓のインタビューが掲載されました。

記事では、後継者難の現在の課題を説明するとともに、当社のM&Aの強みとして、提携金融機関は地銀、信金の約90%、提携会計事務所は900社を超える広大な情報ネットワークをであることを紹介。中小企業は心配事があると地銀・信金か会計事務所にまず相談するため、そこから当社に持ち込まれる案件が多いことを解説しています。
また、当社は380人の営業マン全員で検討する当社のマッチング力もあわせて説明。同業のM&Aがベストとは限らず、全く違った業界からも買い手を探し、専門性と網羅性を重視し、双方を比べてベストなマッチングするころを紹介しました。

経営者の高齢化、後継者難は平均以上に深刻と考えられ、最適な事業承継を支援することで木材・建材業界の黒字廃業の抑制や雇用の維持、企業の競争力強化、専門家技術の伝承、サプライチェーンの円滑化などに寄与していくことを紹介しました。

日本M&Aセンターでは、企業の存続と発展のためのM&Aの普及のため、メディアの方々の取材依頼に積極的に対応させていただいています。[広報担当係] TEL:03-5220-5454(代)(平日9:00~17:30)

取材等のご依頼・お問い合わせ

企業情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。