日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

2016/09/16 新聞 ニッキン速報版

特集【地域にスポット】関東甲信越地区地域銀行、資格活用の現状

第四銀行、神奈川銀行が「事業承継・M&Aエキスパート」資格の取得を奨励していることが紹介されています。

事業承継・M&Aエキスパート」試験は、株式会社きんざいと日本M&Aセンターが実施する試験制度で、中堅・中小企業の事業承継をめぐる基本的な知識や中小企業M&Aについての理解度を測る試験。合格者には、「事業承継・M&Aエキスパート」の認定証が発行され、「M&Aシニアエキスパート養成スクール」の受講資格が付与されます。

記事では、関東甲信越地区の地方銀行13行・第二地方銀行7行を対象にした調査で、実務能力の強化に役立つ資格として、「事業承継・M&Aエキスパート」資格に注目が集まっていることが紹介されています。

また、「M&Aシニアエキスパート」資格などを取得している大光銀行地域産業支援部の中嶋俊介副調査役の「事業承継に課題を抱える企業経営者と面談しながら非上場株式の評価方法や将来を見据えた株式移転をアドバイス」しているというコメントが掲載されています。

M&Aシニアエキスパート」は、友好的M&Aに必要な専門家を養成するM&A総合支援資格制度。

日本M&Aセンターでは、企業の存続と発展のためのM&Aの普及のため、メディアの方々の取材依頼に積極的に対応させていただいています。[広報担当係] TEL.03-5220-5454(代)

取材等のご依頼・お問い合わせ

企業情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。