マルハニチロ、日本アクセスより水産品(主にマグロ)の加工、販売、及び冷凍品の保管を行うマリンアクセスの株式取得、子会社化へ

マルハニチロ株式会社(1333)は、株式会社マリンアクセス(静岡県榛原郡)の株式を株式会社日本アクセス(東京都品川区)より取得することで合意し、契約を締結した。
本件によって、マリンアクセスはマルハニチログループの一員となる予定。
また、マルハニチロは、マリンアクセスの発行済み株式の65%を譲受ける。

農林水産業界のM&A

マルハニチロは、漁業、養殖、水産物の輸出入・加工・販売、冷凍食品・レトルト食品・缶詰・練り製品・化成品・飲料の製造・加工・販売、食肉・飼料原料の輸入、食肉製造・加工・販売事業等を展開している。

日本アクセスは、食品、水産物、農産物、畜産物、花卉などの販売・輸出入・買付・加工・商品企画・開発・品質検査・分析業務および貨物自動車運送事業、食品安全コンサルタント業務、情報処理サービス業務を行っている。

マリンアクセスは、静岡県内に拠点を有し、マグロを主とする水産物の調達、加工(刺身・ネギトロ等)、冷凍保管(超低 温)、販売までの一連の事業領域を営んでいる。

本件M&Aにより、マルハニチロは、マルハニチログループのマグロ事業の更なる拡充を実現し、顧客先へのさらなるサービスの提供を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲受日 2021年9月1日

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。