M&Aニュース

楽天(4755)子会社の楽天モバイル、米国エンジニアリングテクノロジー事業のInnoeye, LLCおよびInnoeye Technologies, Pvt. Ltd.を買収

楽天株式会社(4755)の子会社である楽天モバイル株式会社(東京都世田谷区)は、Innoeye, LLC(米国・バージニア州)およびInnoeye Technologies, Pvt. Ltd.(米国・バージニア州)(以下イノアイ社)を買収することについて決定した。

インターネット関連サービス業界のM&A

イノアイ社は、米国に拠点を置くエンジニアリングテクノロジー企業。携帯キャリア事業者(MNO)やマルチプルシステムオペレーター(MSO)向けに、クラウドプラットフォームのプロセス自動化システムなどを提供する。

本件により、楽天モバイルは、イノアイ社が保有するネットワーク運用ソフトウェアの開発技術およびソフトウェア開発チームを取得し、5Gネットワーク用の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークプラットフォームである「Rakuten Communications Platform」をグローバルでサービス展開するために、開発体制の強化を図る。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・株式譲渡・買収」に関連するM&Aニュース

楽天グループ、ぐるなびとの資本業務提携の改定に係る覚書締結

楽天グループ株式会社(4755)と株式会社ぐるなび(2440)と資本業務提携契約を改定する覚書を締結した。楽天グループとぐるなびは2018年7月に資本業務提携契約を締結し、2019年5月に楽天がぐるなびの株式を追加取得している。楽天グループは、コマースやアド&マーケティング、コミュニケーションズ&エナジー、インベストメント&インキュベーション、フィンテック等の事業を展開している。ぐるなびは、パソコ

楽天グループの完全子会社 Rakuten USA, Inc. 、Altiostar Networks, Inc. の株式追加取得、完全子会社へ

楽天グループ株式会社(4755)は、楽天グループの完全子会社であるRakutenUSA,Inc.(アメリカ、RakutenUSA)が、AltiostarNetworks,Inc.(アメリカ、Altiostar)の株式を追加取得し、同社を完全子会社化することを決定した。楽天グループは、コマースやアド&マーケティング、コミュニケーションズ&エナジー、インベストメント&インキュベーション、フィンテック等

楽天とダイフク、楽天の物流センター運営の効率化に向けた連携強化を目的にパートナーシップ協定締結

楽天グループ株式会社(4755、楽天)と株式会社ダイフク(6383)は、楽天の物流センター運営の効率化に向けた連携強化を目的に、パートナーシップ協定を締結した。楽天は、Eコマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信などのサービスを世界中に展開している。ダイフクは、物流システムに関するコンサルティングとエンジニアリングおよび設計・製造・据付・サービス、その他事業(電子機器、洗車機)を行っている。

日本郵政グループと楽天グループ、物流、モバイル、DXなど様々な領域での連携強化、資本・業務提携へ

日本郵政株式会社(6178)、日本郵便株式会社(東京都千代田区)と楽天株式会社(4755)は、物流、モバイル、DXなど様々な領域での連携を強化することを目的に、業務提携合意書を締結した。日本郵政は、日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険等からなる日本郵政グループの持株会社であり、グループの経営戦略策定を行っている。日本郵便は、郵便業務、銀行窓口業務、保険窓口業務、印紙の売りさばき、地方公共団体から

KKRと楽天、世界最大のスーパーマーケットチェーン・ウォルマートより西友の株式取得

KKR(アメリカ・N.Y)と楽天株式会社(4755)は、ウォルマート(アメリカ・アーカンソー州)から合同会社西友(東京都北区)の株式を取得することを決定した。ウォルマートの西友株式取得割合は、15%。KKRの西友株式取得割合は、65%。楽天は小売業のDX推進を目的に設立する新会社を通じて西友株式20%を取得する。KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)は、アメリカ合衆国、ニューヨークを拠点とする

楽天(4755)、米子会社Rakuten USA, Inc. の完全子会社OverDrive Holdings, Inc.の全株式を譲渡

楽天株式会社(4755)は、完全子会社であるRakutenUSA,Inc.の完全子会社のOverDriveHoldings,Inc.(米国オハイオ州、OverDrive)の全株式をAragornParentCorporation(米国ニューヨーク、Aragorn)へ譲渡することを決定した。楽天は、インターネットサービスをグローバルに展開するIT企業で、Eコマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、

楽天(4755)、台湾のプロ野球チーム「ラミゴ モンキーズ」運営会社の全株式取得へ

楽天(4755)とLaNewInternationalCorporation(台湾・新北市、LaNew社)は、LaNew社子会社であるLamigoMonkeysCo.(台湾・桃園市、Lamigo社)の楽天への全株式の譲渡に向けた基本合意書を締結した。楽天は、日本のプロ野球界において、2005年シーズンより「東北楽天ゴールデンイーグルス」を運営している。また、台湾においてEコマース事業、クレジットカ

楽天(4755)グループの楽天モバイル、DMMよりMVNO事業およびインターネットサービス事業を会社分割により承継

楽天(4755)の100%子会社である楽天モバイル株式会社(東京都世田谷区)は、会社分割の方法により、合同会社DMM.com(東京都港区)の運営するMVNO事業「DMMmobile」、および「フレッツ光」を利用した高品質インターネットサービス事業「DMM光」を承継することを決定した。楽天モバイルは、本会社分割の対価としてDMM社に約23億円を交付する。楽天モバイルは、2014年10月よりMVNOサ

楽天(4755)グループ、トレイダーズHD(8704)傘下のみんなのビットコインの全株式取得

楽天(4755)は、連結子会社である楽天カード株式会社を通じて、トレイダーズホールディングス(8704)グループ傘下のみんなのビットコイン株式会社(東京都港区)の全株式を取得することを決定した。取得価額は265百万円。楽天グループは、仮想通貨交換業への参入を検討していた。みんなのビットコインは、2017年3月30日に仮想通貨交換所のサービスを開始し、現在「みなし仮想通貨交換業者」として営業している

楽天(4755)、『楽天マンガ』『コミック★まんが学園』事業をメディアーノへ承継

エムティーアイ(9438)100%子会社の株式会社メディアーノ(東京都新宿区)に対し、楽天(4755)は『楽天マンガ』『コミック★まんが学園』事業を会社分割の方法により承継することを決定した。メディアーノは本会社分割に際して、楽天に対し承継する権利義務の対価として金41.3百万円を支払う。メディアーノは、インターネット広告・メディア事業を運営している。楽天は、『楽天マンガ』ではウェブブラウザ及び専

「クロスボーダー・株式譲渡・買収」に関連するコラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード