M&Aニュース

三菱電機(6503)、スウェーデンで空調冷熱機器代理店を行っているAQS PRODUKTER ABの全株式取得、子会社化

三菱電機株式会社(6503)は、欧州の現地法人であるMitsubishi Electric Europe B.V.(オランダ・アムステルダム市)を通じ、AQS PRODUKTER AB(スウェーデン・ヨーテボリ、AQS社)の全株式を取得することを決定した。

三菱電機は、これまでスウェーデンにおいて、住宅用の製品を中心に、三菱電機ヨーロッパのスカンジナビア支店経由で販売を拡大している。一方、業務用空調冷熱システムであるチラーについては、主に2015年に買収した三菱電機ハイドロニクス&アイティークーリングシステムズで生産した製品を、AQS社を代理店として販売している。

AQS社は、35年にわたって、業務用空調冷熱システム製品を販売してきており、優れた技術力 とノウハウを保有している空調冷熱機器代理店である。

スウェーデンは、将来的に空調冷熱システム事業の継続拡大が見込まれている。
本件M&Aにより、三菱電機は、スウェーデンでの業務用空調冷熱システム事業強化を図るとともに、三菱電機ヨーロッパに、AQS社の優れたノウハウを取り込んでトータルソリューションの強化を図る。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・株式譲渡・買収」に関連するM&Aニュース

三菱電機と米国子会社、DERMSなどソフトウエアの開発等を行うSmarter Grid Solutions Limitedの全株式取得、子会社化へ

三菱電機株式会社(6503)と米国子会社MitsubishiElectricPowerProducts,Inc.(アメリカ、MEPPI)は、再生可能エネルギーの普及に貢献する分散電源制御システム(DERMS)の技術確立と製品力強化のため、SmarterGridSolutionsLimited(スコットランド、SGS社)の全株式を取得する株式譲渡契約書を締結した。三菱電機は、重電システム部門、産業メ

大井電気(6822)、三菱電機(6503)子会社より光伝送機器事業を譲り受け

大井電気(6822)は、株式会社メルコテクノレックス(静岡県掛川市)及び同社親会社の三菱電機(6503)との間で、メルコテクノレックスの光伝送機器事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結した。大井電気は、電力、鉄道、官公庁、キャリアといった社会インフラ向け通信機器の製造・販売を主力事業としている。メルコテクノレックスは、軸流ファン、光伝送機器製造を行っている。本件により、大井電気は、周辺技術を強化するこ

兼松(8020)、三菱電機(6503)子会社ダイヤモンドテレコムを子会社化

兼松株式会社(8020)は、三菱電機株式会社(6503)の子会社である株式会社ダイヤモンドテレコム(東京都中央区)を子会社化する。兼松の子会社である兼松テレコム・インベストメント株式会社(東京都港区)を吸収合併存続会社、三菱電機の子会社であるダイヤモンドテレコムを吸収合併消滅会社とする現金交付型の吸収合併方式による。兼松は子会社の兼松コミュニケーションズ株式会社(東京都渋谷区)を中心としたモバイル

三菱電機(6503)、イタリア業務用空調のデルクリマ社を子会社化

三菱電機株式会社(6503)は、イタリアの業務用空調事業会社であるDeLclimaS.p.A.(デルクリマ社)の発行済み株式の約74.97%を取得することをDe’LonghiIndustrialS.A.(デロンギインダストリアル社)と締結した。また、本件株式取得後、イタリアの法令およびイタリア国家証券委員会規則に基づき、デルクリマ社の残る発行済み株式の約25.03%の公開買い付けを実施し、デルクリ

「クロスボーダー・株式譲渡・買収」に関連するコラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード