M&Aニュース

三菱電機(6503)、スウェーデンで空調冷熱機器代理店を行っているAQS PRODUKTER ABの全株式取得、子会社化

三菱電機株式会社(6503)は、欧州の現地法人であるMitsubishi Electric Europe B.V.(オランダ・アムステルダム市)を通じ、AQS PRODUKTER AB(スウェーデン・ヨーテボリ、AQS社)の全株式を取得することを決定した。

三菱電機は、これまでスウェーデンにおいて、住宅用の製品を中心に、三菱電機ヨーロッパのスカンジナビア支店経由で販売を拡大している。一方、業務用空調冷熱システムであるチラーについては、主に2015年に買収した三菱電機ハイドロニクス&アイティークーリングシステムズで生産した製品を、AQS社を代理店として販売している。

AQS社は、35年にわたって、業務用空調冷熱システム製品を販売してきており、優れた技術力 とノウハウを保有している空調冷熱機器代理店である。

スウェーデンは、将来的に空調冷熱システム事業の継続拡大が見込まれている。
本件M&Aにより、三菱電機は、スウェーデンでの業務用空調冷熱システム事業強化を図るとともに、三菱電機ヨーロッパに、AQS社の優れたノウハウを取り込んでトータルソリューションの強化を図る。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

三菱電機に関連するM&Aニュース

三菱電機、スウェーデンの昇降機事業会社Motum社を買収

三菱電機株式会社(6503)は、主にスウェーデンにおいて昇降機事業を展開するMotum社(スウェーデン・ストックホルム市)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結した。三菱電機は、重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、電子デバイス、家庭電器などの開発・製造・販売・サービス事業を展開している。Motum社は、昇降機の新設販売・据付・保守・リニューアル事業、自動ドア事業を行っている。本件M&

アイリッジの連結子会社フィノバレー、三菱電機と資本業務提携へ

株式会社アイリッジ(3917)の連結子会社でありフィンテック事業を展開する株式会社フィノバレー(東京都港区)は、三菱電機株式会社(6503)とデジタル地域通貨事業およびスマートシティ/スーパーシティ事業に関する事業協業契約を締結することを決定した。本件に伴い、フィノバレーは、三菱電機を割当先とする第三者割当増資を実施する。取得割合は、アイリッジが86.4%、三菱電機が6.2%となる。アイリッジは、

三菱電機と米国子会社、DERMSなどソフトウエアの開発等を行うSmarter Grid Solutions Limitedの全株式取得、子会社化へ

三菱電機株式会社(6503)と米国子会社MitsubishiElectricPowerProducts,Inc.(アメリカ、MEPPI)は、再生可能エネルギーの普及に貢献する分散電源制御システム(DERMS)の技術確立と製品力強化のため、SmarterGridSolutionsLimited(スコットランド、SGS社)の全株式を取得する株式譲渡契約書を締結した。三菱電機は、重電システム部門、産業メ

大井電気(6822)、三菱電機(6503)子会社より光伝送機器事業を譲り受け

大井電気(6822)は、株式会社メルコテクノレックス(静岡県掛川市)及び同社親会社の三菱電機(6503)との間で、メルコテクノレックスの光伝送機器事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結した。大井電気は、電力、鉄道、官公庁、キャリアといった社会インフラ向け通信機器の製造・販売を主力事業としている。メルコテクノレックスは、軸流ファン、光伝送機器製造を行っている。本件により、大井電気は、周辺技術を強化するこ

兼松(8020)、三菱電機(6503)子会社ダイヤモンドテレコムを子会社化

兼松株式会社(8020)は、三菱電機株式会社(6503)の子会社である株式会社ダイヤモンドテレコム(東京都中央区)を子会社化する。兼松の子会社である兼松テレコム・インベストメント株式会社(東京都港区)を吸収合併存続会社、三菱電機の子会社であるダイヤモンドテレコムを吸収合併消滅会社とする現金交付型の吸収合併方式による。兼松は子会社の兼松コミュニケーションズ株式会社(東京都渋谷区)を中心としたモバイル

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・買収」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード