日本M&A協会について

日本M&A協会は、中小企業の友好的M&Aの普及を目指し、日本M&Aセンターと税理士・公認会計士事務所が協働するための組織です。2012年10月1日に発足しました。

全国に地域支部を設け、地域に根付いたサービス提供を行います。

日本M&A協会 発足記念祝賀会

日本M&A協会 設立の趣旨・目的

日本M&A協会 設立の趣旨

日本M&A協会が中小企業M&Aのプラットフォームとなり、M&Aを通じた中小企業の存続と発展に貢献する

日本M&A協会 設立の目的

  • M&Aセンターグループ加盟会員を組織化し、サービスの充実を図る
  • M&Aに関する情報・サポート体制の更なる高度化を実現する
  • 各会員のニーズを踏まえた多様なサービスの企画・実施を行う
  • 将来の日本における中小企業M&Aのスタンダードを形成する
  • 小規模M&Aマーケットを創設する

日本M&A協会の活動内容

全国から税理士・公認会計士の皆様にお集まりいただき、今後の会計事務所におけるM&Aサービスのあり方などについて研修を行っています。

同様に各支部会でも研修会を行い、日々情報交換を行っております。

日本M&A協会 第5回理事総会(2016年10月14日)

2016年10月14日(金)、当社が事務局を務める日本M&A協会の第5回理事総会を、京都国際会館にて開催し、全国各地から多くの理事会員の先生方にお集まりいただきました。
今回の特別講演では、京都大学経営管理大学院・大学院経済研究科 教授 澤邉紀生様をお招きし、『会計事務所の未来―価値創造への貢献―』についてお話いただきました。

日本M&A協会 理事総会

パネルディスカッションでは、2015年にM&Aを実行された有限会社 森田工産 森田 浩 前社長をゲストに迎え、M&Aの提案から二人三脚で歩んできたアイクス税理士法人 飯田 邦博 様とともにお話を伺いました。会計事務所と戦略的に策定した事業承継プランの話に、参加した会計人からは「実体験の話で大変参考になった」と好評をいただきました。

内容 講師
日本M&A協会副理事長ご挨拶 日本M&A協会 副理事長 関 博 様
開会のご挨拶 日本M&Aセンター 代表取締役会長 分林 保弘
会計事務所の未来
―価値創造への貢献―
京都大学経営管理大学院・大学院経済研究科 澤邉 紀生 様
地域金融機関と会計人の連携 税理士法人総合経営 代表 長谷川 佐喜男 様
【パネルディスカッション】
会計事務所と戦略的に
事業承継プランを策定、
45歳でM&Aを実行
有限会社森田工産 前社長 森田 浩 様
アイクス税理士法人 飯田 邦博 様
日本M&Aセンター コンサルタント戦略営業部 部長 三好 鉄弥
次世代研究会 株式会社木村経営ブレーン 木村 岳二 様
会計事務所業界の今後
―会計人の道しるべ―
日本M&Aセンター コンサルタント戦略営業部 部長 奥野 秀夫