著者・監修者一覧

岩木保樹

岩木いわき 保樹やすき

日本M&Aセンターコーポレートアドバイザー統括部/コーポレートアドバイザー1部 課長/公認会計士

監査法人トーマツを経て2016年に日本M&Aセンターに入社。事業譲渡、会社分割、株式交換、合併など様々なスキーム構築で成約に貢献。近年では小規模M&Aに特化したサポートや組織再編に関する顧問税理士へのアドバイス、M&Aに関する各種研修なども実施している。

関連記事

債務超過とは?倒産との関係、債務超過企業のM&A実態、スキームなどをわかりやすく解説

コラム
債務超過とは?倒産との関係、債務超過企業のM&A実態、スキームなどをわかりやすく解説

債務超過とは債務超過とは、純資産がマイナスであることをいいます。言い換えると、企業の負債の額が資産の額を上回っている状態のことです。ここ数年はコロナの影響で、債務超過である企業が急激に増えており、弊社にも債務超過企業のご相談件数が増えてきました。なお、決算書上では資産超過であるものの、実態は債務超過である企業もあります。例えば下記のようなケースです。多額の売上債権が回収不能になってしまった場合売り

M&Aスキーム(手法)とは?種類・メリット・デメリットを譲渡側(売り手)・譲受側(買い手)の立場でそれぞれ分かりやすく解説!

M&Aを学ぶ
M&Aスキーム(手法)とは?種類・メリット・デメリットを譲渡側(売り手)・譲受側(買い手)の立場でそれぞれ分かりやすく解説!

M&Aにおけるスキーム(手法)とはM&Aにおけるスキーム(手法)とは、当事者である譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)がM&Aを実行するための手法のことをいいます。スキームによってそれぞれメリット・デメリットがありますが、中堅中小企業のM&Aにおいては、最もシンプルな「株式譲渡」が多く使われます。こちらの記事では各スキームについて詳細に解説していきます。※以降こちらの記事では、読みやすさを重視して、