著者・監修者一覧

栗原弘行

栗原くりはら 弘行ひろゆき

日本M&Aセンター 上席執行役員 成長戦略事業部長

大手証券会社入社後、2008年に当社に入社。2016年事業法人第三部長、2019年成長戦略部を創設し現職に。 2020年株式会社事業承継ナビゲーター取締役に就任。2021年上席執行役員 成長戦略事業部長に就任。 上場会社、ミッドキャップ、スモールキャップ、売・買・仕掛型、事業承継型、成長戦略型、あらゆるディールを経験し、100件以上のM&A支援実績あり。

関連記事

好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

コラム
好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&Aで会社を成長させるには買収しかない。そう思い込んでいませんか?M&Aで会社を成長させるには譲渡か買収か、と問われたら、あなたはどちらを答えますか。多くの方が「買収」と答えるのではないでしょうか。しかし、本書の答えは「譲渡」です。なぜ企業の成長が譲渡で可能になるのか、その理由を著者である日本M&Aセンター上席執行役員の栗原弘行が語りました。なぜ、会社の成長=譲渡なのかこれまで譲渡というと、後ろ

新型コロナウイルスによってM&Aマーケットはどうなるか

コラム
新型コロナウイルスによってM&Aマーケットはどうなるか

この度の新型コロナウイルス感染拡大に際し、罹患された皆様および感染拡大により様々な影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、一日も早い事態収束をお祈り申し上げます。新型コロナウィルス感染症の世界的流行により、2020年4月現在も、人々の行動に制限がかかり経済活動に大きな影響を与えています。私は2008年に日本M&Aセンターに参画以降、度々、景気の下降局面に直面し、その度に今自分に何がで

アウトソーシング&共同エンジニアリングのケース

コラム
アウトソーシング&共同エンジニアリングのケース

M&Aを継続することによって、高ROEを維持株式会社アウトソーシングは、ここ6年で15件のM&Aを実施してきている(アウトソーシング社適時開示資料より)。茂手木専務のインタビューからも明らかなように、アウトソーシング社は多数のM&Aを継続することにより、選択眼を高め、PMIにおいては独自のノウハウを確立してきた。その結果、のれんの償却負担などにより短期的な低下はあるものの、ROEは中期的に向上して