日本M&Aセンターのサステナビリティに関するデータ一覧ページです。

ESGデータ集

ガバナンス

ガバナンス 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
取締役人数
※6月株主総会後の人数
9名 9名 10名 13名 13名
社外取締役人数
※6月株主総会後の人数
3名 3名 3名 5名 5名
女性取締役人数
※6月株主総会後の人数
0名 0名 0名 2名 2名
政治献金の総額 0円 0円 0円 0円 -
腐敗に関連する罰金、罰則、和解にかかる支出額 0円 0円 0円 0円 -

社会

社会 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
連結従業員数 337名 451名 582名 810名 -
非正社員数 50名 93名 112名 140名 -
女性従業員比率 16.9% 14.6% 24.6% 30.0% -
チャリティー総額 2,552,000円 3,602,000円 4,860,140円 6,796,000円 -

環境

環境 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
GHG(温室効果ガス)排出量:
スコープ1
0 t-CO2 0 t-CO2 0 t-CO2 0 t-CO2 -
GHG排出量:
スコープ2
78.7 t-CO2 108.1 t-CO2 122.4 t-CO2 87.2 t-CO2 -
スコープ1、2のGHG総排出量 78.7 t-CO2 108.1 t-CO2 122.4 t-CO2 87.2 t-CO2 -
東京本社社員1名当たりGHG排出量 0.36 t-CO2 0.36 t-CO2 0.31 t-CO2 0.18 t-CO2 -
GHG排出量:
スコープ3
1,093.0 t-CO2 1,496.9 t-CO2 1,589.3 t-CO2 1,019.2 t-CO2 -
エネルギー消費量:スコープ1 0 kWh 0 kWh 0 kWh 0 kWh -
エネルギー消費量:スコープ2 153,704 kWh 216,287 kWh 250,816 kWh 266,830 kWh -

※スコープ1、2、3とは、GHGプロトコルという国際的に認められたガイドラインで定義されている。
スコープ1は石油や燃料等から直接的に排出するGHG排出量。スコープ1は、電力の利用等で間接的に排出するGHG(温室効果ガス)排出量。
※スコープ1のエネルギー使用量は0のため、スコープ2をもってGHG総排出量としています。
※スコープ1、2は東京本社が対象範囲。
※スコープ3は全拠点の航空機を利用した出張を対象範囲として排出量を算出(2016年4月~2017年8月までは国内機のみ)。
※2021年1月より当社の入居する鉄鋼ビルディングが使用する全ての電力が、大規模複合ビルとしては日本初(同社調べ)となる再生可能エネルギー由来100%(バイオマス発電)のものに切り替わりました。そのため、 2021年1月~3月の期間においてスコープ2のGHG排出量をCO2排出係数0(ゼロ)として計算しています。

IR情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。