日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

詐害行為

M&A法律用語

よみ
さがいこうい
英語
Fraudulent act

債務者が債権者を害することを知りながら自己の財産を減少させる行為のこと。債権者はこれを一定の場合に取り消すことができる(民法424条「詐害行為取消権」)。詐害行為にあたるか否かは、債務者の行為態様や認識等との相関判断で決せられるによることが多く、近時の裁判例では、新設分割方式による会社分割が詐害行為にあたる場合があるとされた(東京高判平成22年10月27日等)。

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。

さらに検討を進めたい方は

セミナー メールマガジン