日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

日本M&Aセンター
とよが行く! 2019年3月15日

資産づくりは人生づくり―AIがもたらす“21世紀型の価値ある資産づくり”の秘訣とは?

情報格差が資産格差になってはいけない

―夢や目標達成のために必要なお金を準備する、と思うと投資の選択肢も変わってきますね。今は政府もiDeCoやNISAなど、“投資しない日本”を打破すべく優遇される制度も打ち出しています。

『分かりやすくて優遇されていて増えそう』というきっかけで、“なんとなく”投資を始める方も増えてきましたね。貯蓄だけでは老後資金が不安なので、投資を考え始める方も増えました。今の時代のトレンドと言えます。
きっかけは何にせよ、そこから目標を立てて取り組んでいただきたいです。

特に不動産投資や保険は、担当者と商品によって大きな差が生まれます。
どんな担当者になるかによって、紹介される商品も大きく変わってきます。つまりここで、情報格差が生まれてるんですね。

担当者も営業ですから、優良顧客には良い商品情報を流します。そうやって一部でしか良い商品が流通しなくなってしまう。

情報格差が、資産格差につながってしまうんです。

そこでAIというテクノロジーを使って、情報格差を是正できるのではと考えました。


commongood

「今はなんとなく投資を始める人が多いです。だからこそ、何のためか?を考えてほしい」と鈴木氏

―“正しい情報”が大事なんですね。普通の人は、そこで情報格差が生じていることにも気付くことが難しそうです。

良かれ悪かれ、いくらでも良く見せることができてしまう商品があるのが現在の不動産投資や保険です。
正しい情報があれば、そういった“嘘”はなくなる。透明性の時代が来ると思っています。

透明性を作るのは、テクノロジーの力です。

当社では過去10年・約6,000万件の不動産データベースを活用することで、将来の資産価値や家賃のシミュレーションを行っています。「立地」「競争力」「資産性」「収益性」といった観点から、取り扱いの物件を細部までチェックし、フィルタリングします。
ITの力を活用して、透明性のある情報をお伝えし、資産づくりの心強いセカンドオピニオンを目指しています。


自分さえよければいいをなくす

―これからコモングッドはどんな未来を目指していきますか?

今はFP×不動産テックの分野に特化していますが、もっとすそ野を広げていきたいですね。
当社が提供するのは“客観的な視点での正しい情報”。

今12万社あるという不動産業者ですが、業者間でも情報格差は存在しています。
業者側のシステムでもAIシステムや自社データ・マーケットデータを活用してもらって、より透明性のある不動産投資業界になるといいなと思います。

commongood

「おすすめの本です!マンガなので不動産について面白く読めますよ」とのこと。

『正直不動産』(ビックコミックス)

会社設立の想いは、“自分さえよければいいをなくす”というところがスタートでした。すべてはそこにつながっています。これから事業拡大をしていくうえでも、そういった顧客価値の最大化を念頭においてチャレンジしていきたいです。

資産づくりは、人生づくり。
たった一度の人生ですから、資産づくりも慎重になってしかるべきです。そのときに正しく納得する判断ができるように、我々はテクノロジーの力を投資分野でもっと発揮させていかなくてはなりません。
ゆくゆくは“老後難民ゼロ”の社会になるといいですよね!

―ありがとうございました。
資産づくりは、誰だって慎重になるもの。AIの力で正しい情報を手に入れることができれば、もっと安心して投資が可能になります。
「パーソナル・ファイナンシャルアドバイザーを目指しています。ジムでもパーソナルトレーニングがあるのに、資産づくりにそういった相談相手がいないのはおかしいでしょう」と話してくれた鈴木さん。労働組合などからも第三者機関としての立場を活かしたセミナー講演依頼が多いそうです。
21世紀型の価値ある資産づくりの鍵は、情報格差とAIにあるのではないでしょうか。

commongood

(右)コモングッド株式会社 代表取締役CEO 鈴木大互さんと(左)日本M&Aセンター 経営企画室 石川雄大


コモングッドについてもっと詳しく知りたい方はこちらから↓
AIで不動産投資に差をつける コモングッド

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。