日本M&Aセンター
事業承継を考える日 2019年4月3日

「私の人生を返して!」社長、奥様の本音、知ってますか?

事業を引き継いで、変わったこと

事業承継が終わった時にお聞きした、奥様の言葉がとても印象的でした。

「朝起きたときに、こんなに日差しが明るいものなのか、なんてうれしいんだろう、と空気が違って見えました。空気というか、世の中が明るくキラキラして見えました」

家族の雰囲気も変わったそうです。

「私たちが忙しく仕事をしていたときに、夫婦でよく口喧嘩をしていたと娘が言うんです。
『お父さんとお母さん、よく喧嘩をしていたよね』って。
口論していたつもりはないのですが、主人と仕事の話ばかりしていたので、喧嘩しているように娘には見えていたんでしょうね。
すごく申し訳なかったですね、娘に嫌な思いをさせていたと思うと。
でも、『今はそんなことはなくなったよ、にこやかな2人になったよ』って、言ってくれました」

事業承継を経て、夫婦の会話から仕事が消えたら、笑顔が増えた

今だから話せる、社長の奥様の本音

夫妻は、一人娘をあとつぎ候補にしていませんでした。
その真意は・・・

「娘を後継者に、と思ったことは一切ありませんでした。
自分で言うのは何ですが、優秀な子なので、やらせたらやると思いますが、そうすると私は一生会社から離れられない。
それもしんどいし、主人が苦しんでいるのを見ていたので、娘が苦しむのを見るのは嫌でした。
なので、娘を後継者にとは望みませんでした」

事業承継が終わってやっと、奥様は私に本音を話してくれました。

「多くの中小企業の社長の妻は、『自分たちが歳をとったとき、この先どうするのかしら』と思っていると思います。
主人も含めてですが、社長は仕事が大好きですから、『この先どうするの?』と聞いても、『死ぬまで働いたらいいじゃないか』と返されてしまう。
そういうことではないでしょうというやりとり、きっと経験されている方も多いのではないでしょうか(笑)。

主人を見ていて思ったのですが、
どこかのタイミングで自分たちが退き、後の人にお願いするほうが、新しい事業や新しい発見があるのではないかと。
いつまでも自分たちで抱えてしまうのは会社にとっても良くないと思いますね」

家と会社、どちらも見てきた社長の妻だからこそ、言える本音と言えない本音がある

普段あまりご自分の気持ちをハッキリおっしゃる奥様は、少ないのかもしれません。
ご主人や娘さんに対する奥様のお気持ちを聞いたとき、横で聞いていらっしゃった社長が一番驚いていらっしゃいました。


写真:長坂 道広
日本M&Aセンター
営業支援部長
長坂 道広

プロフィール

日本M&Aセンター 営業支援部長
長坂 道広(ながさか・みちひろ)

創業期の日本M&Aセンターに入社。未上場企業のM&Aという日本で未開拓だった市場で25年間M&A仲介に携わる。
日本M&Aセンターの上場も経験するが、M&Aだけではなく、関係者が喜べるあらゆる承継手法を提供できるよう、2016年日本M&Aセンターと青山財産ネットワークスの協力により「株式会社事業承継ナビゲーター」を設立。代表取締役副社長就任。

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。