国際会議(スイス国際会議)

スイス国際会議

2012年のスイス国際会議は、約230名の提携会計人の皆様にご参加いただきました。

スイス国際会議 ~約230名の会計人が集結~

国際会議冒頭、当社会長分林からは、グローバル化に伴う企業戦略の変化、および2012年問題をふまえたM&Aマーケットの動向についてお話しさせていただきました。

当社社長三宅からは今後の日本M&Aセンターグループの戦略についてご報告させていただきました。

スイス国際会議


『スイスの資産保全と運用』について、20年以上に亘ってスイスに在住し邦人の資産家の資産保全・運用に携わってきたKatsura Suzuki Consulting代表鈴木桂様よりご講演いただきました。

また、KENDRIS.ltd執行委員会メンバーChristian Lyk 氏とスイス日本商工会議所業務執行取締役Paul Peyrot氏からはスイスの法体制について解説頂きました。

スイス国際会議


特別セミナーではUBS銀行コーポレート・アドバイザリー・グループ 欧州ヘッドDorothee Deuring氏とスイスファミリーアドバイザリーチーム マネージング・ディレクターHenry Hirzel氏をお招きし、『ヨーロッパの M&Aの実際』と『プライベートバンクの実際』についてお話をお伺いしました。


パネルディスカッションのテーマは『会計事務所は2012年問題にどのように立ち向かうべきか』。

事業承継やM&Aの実務経験豊富な4人の先生方をパネラーにお迎えしました。ノウハウの羅列だけではなく、事業承継の本質をついた深い議論が展開されました。

スイス国際会議旅程表(オプションツアー含む)

日程 場所 内容
3/17 成田・関空発

ホテル着

3/18 チューリッヒ

M&A国際会議

●「M&Aの時代と当社の方向性」/「日本M&Aセンターの将来像と会計事務所の戦略」

日本M&Aセンター 代表取締役会長 分林 保弘
日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓

セミナー

●「スイスの資産保全と運用」

Katsura Suzuki Consulting 代表 鈴木 桂 氏
KENDRIS.ltd 執行委員会メンバー Christian Lyk 氏
スイス日本商工会議所 業務執行取締役 Paul Peyrot 氏

市内視察

歓迎夕食会

3/19 チューリッヒ

パネルディスカッション

●「会計事務所は2012年問題にどのように立ち向かうべきか」

パネラー

TOMA M&Aセンター 藤間 秋男 氏

横浜総合M&Aセンター 泉 敬介 氏

京都M&Aアドバイザーズ 川端 雅彦 氏

中小企業M&Aサービス 堀田 隆史 氏

特別セミナー

●「ヨーロッパのM&Aの実際」

UBS銀行 コーポレート・アドバイザリー・グループ
欧州ヘッド Dorothee Deuring 氏

●「プライベートバンクの実際」

UBS銀行 スイスファミリーアドバイザリーチーム
マネージング・ディレクター Henry Hirzel 氏

3/20 チューリッヒ

各コース自由視察

3/21

3/24

イタリア
オランダ
ベルギー
ドイツ 等

各コース自由視察

このページの先頭へ